2017年12月5日火曜日

ロシア疑惑の解明を妨げるな

 米トランプ政権とロシアとの不明朗な関係をめぐる疑惑は、ホワイトハウスの元高官が起訴され、新たな段階に入った。トランプ大統領自身が疑惑にかかわった可能性も取り沙汰される。米政治の混迷は世界秩序にも負の影響を与える。トランプ氏は疑惑の解明に積極的に協力すべきだ。

 起訴されたのはマイケル・フリン元大統領補佐官だ。昨年12月にロシアの駐米大使と接触したことなどをめぐり、米連邦捜査局(FBI)に虚偽の証言をした容疑がかけられている。

 裁判に先立ち有罪を認めたことから、減刑と引き換えにトランプ氏の関与などを証言するとの観測が出ている。FBIはトランプ氏の娘婿のジャレッド・クシュナー氏がフリン氏に指示をしていたかどうかを重視している。

 トランプ氏は「(フリン氏の)政権移行期の行動は合法だった。何も隠すことはなかった」とツイッターに書き込むなど、疑惑の払拭に懸命だ。

 全容解明にはなお時間がかかりそうだが、より大きな問題はロシア疑惑がトランプ政権のかじ取りを左右しかねないことだ。

 外交・安保政策で内向き志向を強めるとの見方が多いが、米国民の視線を外にそらすため、逆に北朝鮮への軍事行動を急ぐと見る向きもある。

 中東諸国の反対を無視して「イスラエルの首都はエルサレム」と宣言するとの報道がある。これも政策判断というよりは、物議を醸すことでロシア疑惑への関心をそらすためではないか。いずれにせよ、さまざまな重大な決断がその場しのぎのためになされるとしたら恐ろしい。

 米国民は政治スキャンダルについて、事件を起こしたかどうかもさることながら、その後に隠蔽工作をしたかどうかなど潔さを重視する傾向がある。捜査妨害と判断されれば、大統領選でトランプ氏に1票を投じた保守層にも動揺が起きるかもしれない。政権の浮沈にかかわる重大局面である。

時事問題

注目の投稿

人手不足への対応は急務だ

 日銀が発表した12月の全国企業短期経済観測調査(短観)では、大企業、中堅、中小企業をあわせた全規模全産業の業況判断指数(DI)が26年ぶりの高水準になった。景気回復は6年目に入り、中小企業にも裾野が広がってきたが、先行きに懸念材料もある。深刻な人手不足だ。  従業員などの...

このブログを検索

Google News - Top Stories

ブログ アーカイブ